スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸更新料は無効、家主側が2審も敗訴(読売新聞)

 賃貸住宅の「契約更新料」は消費者契約法に反しているとして、京都市内のマンションを借りていた熊本市の女性が、家主に支払った更新料計22万8000円の返還などを求めた訴訟の控訴審判決が24日、大阪高裁であった。

 安原清蔵裁判長は、家主に全額返還を命じた1審・京都地裁判決を支持し、家主側の控訴を棄却した。判決によると、女性は2003年4月、京都市西京区のマンションに入居。家賃は月3万8000円で、1年ごとに家賃2か月分の更新料を支払うとの契約に基づき、3年間に計22万8000円を支払った。

 1審の京都地裁は、「更新料を定めた契約条項は、消費者の利益を一方的に害しており、消費者契約法に反して無効」として、家主側に全額の支払いを命じていた。

 控訴審で家主側は「更新料によって家賃が低く抑えられている」と主張したが、安原裁判長は「消費者契約法に反し無効。更新料相当分を上乗せした家賃を明示し、借りるかどうかを選択させるべきだ」と述べた。

 更新料を巡っては、大阪高裁が昨年8月に「消費者契約法に照らして無効」とした一方、昨年10月に同高裁の別の裁判で「礼金を補充・追加するもので必要性が認められる」と逆の判断を示し、いずれも最高裁に上告中。高裁での判断が分かれており、最高裁での判断が注目される。

<食の安全事件>78%増、産地偽装表示の摘発34件(毎日新聞)
中国海南島で起きている異常事態 マンション価格3年で百倍以上(J-CASTニュース)
<着服容疑>岡崎信金の元支店次長を詐欺容疑で逮捕(毎日新聞)
予算案一般質疑、自民のみ欠席で審議継続へ(読売新聞)
羽田空港 濃霧で82便欠航…2万人超に影響(毎日新聞)
スポンサーサイト

<裁判員裁判>鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問(毎日新聞)

 鳥取県米子市で起きた強盗殺人事件を巡る鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)の裁判員裁判は2日目の24日も証人尋問があり、裁判員2人が質問した。初めて被告人質問も行われたが裁判員の発言の機会はなかった。被告人質問は25日も行われる。

 この日の証人は、弁護側が、被害者の石谷英夫さん(当時82歳)の税理士事務所で経理を担当していた女性ら3人。検察側は影山博司被告(55)の妻。

 元経理担当の女性は、被告が石谷さんに怒鳴られる姿をたびたび目撃したなどと述べ、被告のために嘆願書を提出しようと元同僚らと話していると明かした。被告は女性の言葉を聞きハンカチで目元をぬぐった。

 傍聴席から見て右から3番目の男性裁判員は女性に「普段から(被告は)石谷さんの自宅に出入りできたのか」などと質問。被告の妻に対しては右端の女性裁判員が「被告が給料をもらえていなかったのは知っていたか」と尋ね、妻は「事件後に初めて知った」と答えた。

 被告人質問では、事件の動機を弁護人に聞かれた被告が「精神的に追いつめられた状態を逃れたい、その一心でやった」と述べ、強盗目的を改めて否定した。

【関連ニュース】
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人
裁判員裁判:米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認
裁判員裁判:死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件
裁判員裁判:初の死刑求刑の可能性 強盗殺人で鳥取地裁
’10裁判員:鳥取・米子の強盗殺人 証人に質問--初公判

<10年度予算案>年度内成立へ 3月2日までに衆院通過(毎日新聞)
小沢幹事長進退が再浮上か 長崎と町田で民主系候補惨敗(J-CASTニュース)
<全日本学生児童発明くふう展>表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
労組の違法献金「許されぬ」=鳩山首相(時事通信)
意識不明の3歳女児死亡、同居の無職男が虐待?(読売新聞)

アパート火災、子供2人死亡=3歳と2歳のきょうだい-東京・練馬(時事通信)

 17日午後6時ごろ、東京都練馬区三原台の木造アパート2階にある関口裕之さん(24)方から出火、約37平方メートルを焼いた。焼け跡から子供2人の遺体が見つかり、長男大毅君(3)と長女心愛ちゃん(2)と確認された。2人の母親(24)と乳児も軽いやけどを負った。
 警視庁光が丘署は、詳しい出火原因を調べている。
 関口さん方は2DKで、5人暮らし。和室の押し入れ付近が激しく燃えており、遺体はいずれも隣接する洋間で見つかった。
 出火時、関口さんは仕事で外出しており、母親と乳児は洋間にいたという。 

【関連ニュース】
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生
アパート火災、男性2人死亡=女性1人軽傷
アパート火災で2人死亡=2階の居住者か
住宅など26棟焼ける=2人不明

外相、シェパード取り締まり要請…豪首相は消極的(読売新聞)
【お財布術】「ネットスクール」編 一流講師とマイペースで(産経新聞)
人気漫画ネット違法投稿 出版社側は条件付き“共存”模索(産経新聞)
シー・シェパード妨害 第2昭南丸、横浜で見分へ 侵入船長、傷害容疑も視野(産経新聞)
<議員報酬>一部に成果給導入へ熊本・五木村議会(毎日新聞)

<長谷川等伯展>展示作業行われる 東京国立博物館(毎日新聞)

 長谷川等伯(1539~1610)の作品を集めた大回顧展「没後400年 特別展『長谷川等伯』」(主催・東京国立博物館、毎日新聞社、NHKほか)の開幕を控え、「仏涅槃(ぶつねはん)図」(高さ約10メートル、横6メートル)の展示作業が17日、東京・上野の同博物館であった。

 入滅する釈迦を弟子らが囲み、嘆く模様を描いた作品は京都・本法寺所蔵。この日は、木箱から取り出された作品がワイヤでつり上げられた。同展は23日から来月22日まで。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
国宝土偶展:入場者10万人を突破 2月21日まで開催
長谷川等伯展:出品の国宝2点搬出 京都・智積院から
皇后さま:「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館
「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気
質問なるほドリ:土偶って何?=回答・伊藤和史

<普天間移設>基地問題検討委の開催延期申し入れ 与党3党(毎日新聞)
<架空増資>投資顧問会社社長に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
<前原国交相>名古屋港の飛島ふ頭を視察(毎日新聞)
静岡県が社福法人に業務改善命令へ、役員に解職勧告も(医療介護CBニュース)
ハイチ大地震 NGO代表の医師、メールで「感染症心配」(毎日新聞)

<訃報>齋藤賢四郎さん89歳=元ナブコ社長(毎日新聞)

 齋藤賢四郎さん89歳(さいとう・けんしろう=元ナブコ<現ナブテスコ>社長)16日、心不全のため死去。葬儀は20日午前11時、東京都文京区大塚5の40の1の護国寺「桂昌殿」。喪主は長男総一郎(そういちろう)さん。

宝くじ グリーンジャンボ、全国一斉に発売(毎日新聞)
中部国際空港 開港5周年祝う式典開催 川上社長も出席(毎日新聞)
ブルネイの王、クリントン…200億集金「サンラ・ワールド」の壮大な釣り針(産経新聞)
<交通事故>横断中はねられ小2男児死亡 愛知・春日井(毎日新聞)
真剣勝負に興奮 長島、加藤両選手の所属企業(産経新聞)

<ユニセフ大使>アグネス・チャンさん、ソマリアを視察(毎日新聞)

 【ハルゲイサ曽田拓】ユニセフ(国連児童基金)の国内委員会「日本ユニセフ協会」の大使を務めるアグネス・チャンさん(54)が17日昼(日本時間17日夜)、視察のため、無政府状態の続く東アフリカ・ソマリア北西部のハルゲイサを訪れた。ユニセフなどによる難民キャンプの女性や子供たちへの支援の状況などを見て、23日に帰国する。

 アグネスさんは98年の大使就任以来、イラクやスーダンなど12カ国を視察している。

 ハルゲイサは「ソマリランド」と呼ばれる自治政府が実効支配する地域にあり、アグネスさんはこの日、ソマリアで使われるソマリ語の文字を教わるなど、現地の少年たちと交流した。

 ソマリアでは90年代から内戦が続いており、ユニセフは「約360万人が人道上の緊急事態にあり、うち72万人は5歳未満の子供たち」と分析している。

<枝野行政刷新相>「法令解釈も私にご相談を」活動を本格化(毎日新聞)
「官僚支配を心配」=鳩山政権の現状を懸念-小沢氏(時事通信)
高木美帆選手 姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)
シー・シェパード“放置”する米・蘭・豪は「テロ支援国家」(産経新聞)
<普天間移設>民主沖縄県連、県内移設反対を強調(毎日新聞)

「JAPANデビュー」偏向番組訴訟 台湾統治でNHK側は争う姿勢(産経新聞)

 NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」の出演者などから番組内容に偏向があったと批判が相次いだ問題で、出演者の台湾少数民族・パイワン人や視聴者ら計約1万300人がNHKに計約1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、東京地裁(岡健太郎裁判長)であった。NHK側は争う姿勢を示した。

 また、原告側が意見陳述を行い、「台湾の日本語世代の人たちは、教育への貢献など日本による統治時代を高く評価している。(証言をねじまげた今回の番組は)公共放送として許されない」などとNHKの姿勢を批判した。

 問題の番組は昨年4月5日に放送されたが、「日本の台湾統治を批判するため、出演者の証言をねじ曲げている」などと批判が集まった。

【関連記事】
日本が残した先住民の資料 「台湾文化守った」 テーマパーク建設に貢献
NHK偏向報道で2次提訴 パイワン族男性「自尊心傷つけられた」
「客観的判断」とNHK 怒り収まらぬ台湾の人々
「偏向報道」抗議者に「不問」求める 訪台のNHK番組関係者
NHK偏向報道問題で千葉県議会が意見書採択

大村市議会決議「反対で結構」=普天間移設先めぐり官房長官(時事通信)
取り調べ全面可視化の意向=地検に機材など協力要請-歩道橋事故で検察官役弁護士(時事通信)
夫婦別姓「私も党も反対だ」と亀井金融相(読売新聞)
消費増税論議、3月に開始=次期衆院選で争点に-菅財務相(時事通信)
東京・大田区職員、覚せい剤所持で懲戒免職(読売新聞)

<雑記帳>福岡で“逆”就職説明会(毎日新聞)

 就職活動中の大学生30人がブースを構える“逆”就職説明会が15日、福岡市であった。企業側は今年度の内定者25人が会場を回って、学生の売り口上に耳を傾けた。

 実際の人事担当者にアピールする全国説明会には、全国4カ所の“予選”で勝ち抜いた100人が進出できる。学生の個性を引き出し、人材発掘に結び付けるのが狙いだ。

 フィギュアスケートの靴と衣装を机に置き「スポーツ活性化に役立ちたい」と訴える国体選手の女子学生も。氷をも溶かす熱き思いはメダルを競う五輪選手にも劣らない?【阿部周一】

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:センバツ出場の野球部員ら応援
バンクーバー五輪:手荷物ない観客の入場口設置…初の試み
五輪フィギュア:川口見守る…露の名伯楽、日本の娘誇って
バンクーバー五輪:複合の小林7位 モーグルの遠藤が7位
五輪フィギュア:安藤現地入り…「体調良好」と本番へ意欲

北教組資金問題、小林氏事務所や委員長室で授受(読売新聞)
拉致解決 総連幹部に直談判 衆院特別委員長「打開図りたい」(産経新聞)
小沢氏「石川議員、事務的なミス問われている」(読売新聞)
夫婦別姓で千葉法相「亀井氏を説得していく」(産経新聞)
<ハイチ大地震>NGO代表の医師、メールで「感染症心配」(毎日新聞)

<化学物質過敏症>後遺症が初の労災認定 眼球運動障害で(毎日新聞)

 電気設備施工会社に勤め有機溶剤を吸った後、化学物質過敏症になった男性(40)=神奈川県茅ケ崎市=が、眼球運動の障害を後遺障害として、厚木労働基準監督署に労災認定されたことが分かった。化学物質過敏症の後遺症が労災認定されたのは初めてとみられる。眼球運動障害は化学物質過敏症に顕著な症状とされ、専門家は「今後、同様の症状のある患者の救済につながる可能性がある」と指摘している。【大島秀利】

 男性は00年から取引先の会社で、半導体や液晶パネル部品を洗浄する設備の配線や加工作業に従事したところ、頭痛、めまい、吐き気が表れ、02年には手足のけいれんが止まらなくなった。運転時は他の車との距離感がつかめなくなった。

 北里大学北里研究所病院(東京都)の検査で、動く指標を目で滑らかに追えない中枢性眼球運動障害と判明した。また、化学物質に対するテストで、配線作業で使用した有機溶剤含有の接着剤に過敏に反応することが確認され、化学物質過敏状態などと診断された。

 男性の労災請求に対し、厚木労基署は03年時点では治療費は支給できないとの判断を示した。そのため、男性は神奈川労災職業病センター(横浜市)に相談の上、同病院で再受診し、眼球運動の障害が残っているとの診断書を添え再び労災請求。厚木労基署は昨年10月、治療による改善が望めないと認め、両目に著しい障害が残る障害第11級と認定し一時金約350万円を支給した。

 男性を診断した坂部貢医師(現東海大医学部教授)は「眼球運動の障害は、化学物質過敏症の重症度をみる上で重要な要素だが、後遺症として認められた例を知らない。他の化学物質過敏症の患者も同様の後遺障害を認められる可能性がある」と話している。

【関連ニュース】
<公務災害>教師刺殺:卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁
<過労死裁判>日本マクドナルド:社員の「過労死」認定 東京地裁
派遣労働者:携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設
<働くナビ>精神疾患の労災認定が増えています
<鳩山政権の通信簿>過労死や自殺などを防ぎ労働災害をなくす・・・マニフェストの達成度は?

雑記帳 「還暦ジーンズ」を発売 10年間の品質保証付き(毎日新聞)
【from Editor】少子化の本当に怖い話(産経新聞)
異端児・河野氏「頑張れ国母」 服装問題、自民内で賛否(産経新聞)
鳩山首相63歳「国民の幸せ感がプレゼント」 11日に誕生日(産経新聞)
<名古屋ひき逃げ>危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕(毎日新聞)

夫婦別姓で千葉法相「亀井氏を説得していく」(産経新聞)

 千葉景子法相は16日の記者会見で、選択的夫婦別姓制を導入する民法改正案に国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対していることについて「亀井大臣のご発言は大変重い。ただ、内容について細かい理解をいただいているか必ずしも定かではない」と述べた。引き続き法案提出への理解を求めていく考えを示した発言だ。

 また、これまでも亀井氏に直接説明してきたとした上で「内閣としての方向付けは、そんなに時間がないので最終的に詰めをしていきたい」とも強調した。

【関連記事】
どうなる?選択的夫婦別姓 千葉法相は前向き 亀井担当相は反対
「反対すれば法案提出困難」 外国人参政権と夫婦別姓で亀井氏
夫婦別姓、子供は同じ姓に統一 法相が検討方針示す
千葉法相「首相は夫婦別姓に消極的ではない」
仙谷vs平野、亀井vs千葉…ゴタゴタ友愛内閣

あの派手な看板は何? 中国の観光サイトで「グリコ」人気(産経新聞)
「きんたくん」弁当を発売=兵庫県川西市〔地域〕(時事通信)
千葉県北東部に暴風警報、高波にも警戒(読売新聞)
新潟の福田組が5億円所得隠し…国税指摘(読売新聞)
秋山被告3月に判決=防衛コンサル脱税-東京地裁(時事通信)

<相武紗季さん>運転中追突事故 東京・品川で(毎日新聞)

 女優の相武紗季(あいぶ・さき)さん(24)が15日に東京都品川区で車を運転中、追突事故を起こしていたことが分かった。警視庁目黒署によると、けがをした人はいない。

 目黒署や所属事務所によると、相武さんは15日午後7時40分ごろ、家族を乗せて品川区上大崎を走行中、信号待ちで止まっていた乗用車に追突した。相武さんは目黒署に「車線変更をしようとして後方に気を取られていた」と話しているという。【神澤龍二】

【関連ニュース】
注目CM紹介:相武紗季が携帯とパソコンで部屋探し 「アットホーム」新CM
福山雅治:綾瀬はるかと「社内恋愛をしてみたい有名人」1位に 社内恋愛の肯定派は9割以上
BeeTV:相武、水川、小雪、優香、ハセキョー主演に行定監督 ドラマ「女たちは二度遊ぶ」
注目CM紹介:相武紗季が「魔法使いサキー」に コスプレ姿で“魔法”をかける OCN
相武紗季:瞳で訴える演技に挑戦 撮影中は笑いがこらえきれない一幕も 不動産会社CMで

小沢氏、一転して強気に 「これ以上の説明はない」(産経新聞)
大阪の3キロ引きずり事件 3月2日に初公判(産経新聞)
鳩山首相の実母ら証人喚問、自民が要求(読売新聞)
「怖くて…」知人に漏らす=逆らえず事件に加担か-年下の無職少年・石巻3人殺傷(時事通信)
長女傷害容疑、継母を逮捕=11月に死亡、日常的に虐待か-兵庫県警(時事通信)

証券優遇税制、見直しへ議論=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日の衆院予算委員会で、上場株式の配当・譲渡益の税率を本来の20%から10%に軽減している証券優遇税制について、「格差が助長されるという気持ちは分からないわけではない。見直すべき時が来ると思っている。政府税制調査会でもしっかりと議論されるべきだ」と述べ、見直しに向け議論を進める方針を示した。佐々木憲昭氏(共産)への答弁。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

「殺人は時効廃止」法制審部会が要綱骨子案(読売新聞)
医療・福祉など「新規成長分野」で就職面接会-厚労省(医療介護CBニュース)
<火災>住宅全焼、焼け跡から2遺体 夫婦か 埼玉・越生(毎日新聞)
老人施設火災 理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑(毎日新聞)
<自殺>収容中のブラジル人男性 茨城の入管施設(毎日新聞)

船長2人を逮捕=位置情報切った疑い-海保(時事通信)

 北方領土・国後島沖で漁船2隻がロシア国境警備隊から銃撃を受けた問題で、2隻が位置情報を送信する漁船位置管理システム(VMS)の電源を故意に切っていた疑いが強まり、羅臼海上保安署は10日、北海道海面漁業調整規則違反容疑で、船長2人を逮捕した。 

小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断(産経新聞)
「首相は平成の脱税王」自民・与謝野氏が批判(読売新聞)
<ボーン上田賞>09年度は該当者なし  (毎日新聞)
野良カンガルーの足跡!?撮った!…宮城県大崎市(スポーツ報知)
東北強い寒気 大荒れの恐れ(河北新報)

石川議員に離党求める=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は9日夜の記者会見で、民主党の石川知裕衆院議員の進退について「離党というのもあるんじゃないか。そういう判断をした方がいい」と述べた。仙谷氏は「わたしならばそうするだろう、最低限」と語った。 

【関連ニュース】
石川議員が進退表明へ=辞職否定の見方が大勢
田村参院議員、民主会派入り
民主会派、社民抜きで過半数=田村参院議員が入党
独法の仕分け、対象選定に着手=仙谷担当相
石川議員、辞職を否定=保釈直後、地元関係者に伝える

両堂記 東大寺二月堂全焼時の様子、詳細に 奈良博で公開(毎日新聞)
<山梨市長選>竹越久高氏が無投票初当選(毎日新聞)
<深谷市長選>小島進氏が現職破り初当選(毎日新聞)
支援員4000人増=小中の障害児教育-文科省通知(時事通信)
<浮島現象>タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)

都庁職員、酒酔い運転で高速の側壁に衝突(産経新聞)

 県警高速隊は5日、道交法違反(酒酔い運転)の現行犯で、戸田市新曽、東京都庁職員、佐藤英幸容疑者(47)を逮捕した。

 調べによると、佐藤容疑者は5日午後6時55分ごろ、さいたま市桜区町谷の県道高速さいたま戸田線下り線で、酒に酔って乗用車を運転し、右の側壁に衝突する事故を起こした。

 高速隊によると、佐藤容疑者の呼気1リットルあたり0・85ミリグラムのアルコールが検出された。「自宅で飲んだ」などと供述しているという。

【関連記事】
女性20m引きずり死なせた職安職員を懲戒免職 大阪
大阪市職員61歳、ガム噛み窓口対応 厳重注意処分
異例の懲戒免職2回目 また飲酒運転発覚
勤務中に飲酒の職員を減給 帰宅時の運転は不問
酒気帯び運転で署の朝礼出勤、交番所長を訓戒 山口

オリックス・小瀬選手 宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
<掘り出しニュース>大型クラゲ駆除機の実証試験行われる(毎日新聞)
<長崎県知事選>過去最多の7人が立候補を届け出(毎日新聞)
首相動静(2月3日)(時事通信)
医師のネット言論などで報告書―日医懇談会(医療介護CBニュース)

<名古屋ひき逃げ>別のブラジル人出頭 携帯使用の同乗者か(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の国道交差点で1日未明、3人が死亡したひき逃げ事件で、事故車に乗っていたブラジル人の男が新たに一人、愛知県警に出頭したことが4日、県警への取材で分かった。男は運転者とは別の同乗者とみられる。県警熱田署特別捜査本部は、事故当時の状況や逃走の経緯について男から任意で事情を聴くとともに、道路交通法違反(ひき逃げ)容疑の適用も視野に捜査する。

 捜査幹部によると、出頭したのは、車内に残されていた携帯電話を使用していた同県小牧市の30代の男とみられる。男は特捜本部の事情聴取に「別の男が運転していた」などと話しているという。

 逃げた4人のブラジル人のうち、出頭したのは別の窃盗未遂容疑で逮捕された愛知県の日系人の男(32)を含め2人となった。【山口知】

【関連ニュース】
【事故の初報】ひき逃げ:歩道に車、3人死亡…男女4人が乗り捨て逃走
名古屋・熱田のひき逃げ:事故直前、時速100キロ超で逃走 県警の追跡振り切る
名古屋ひき逃げ:運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う
名古屋ひき逃げ:車内指紋、別事件と一致 逃走男から聴取
沖縄ひき逃げ:米兵を追起訴 読谷村・男性死亡

平沼氏「懐かしい場所に戻ってきた」(産経新聞)
雷神をパンで創作 未来のパティシエ 東京(産経新聞)
<インサイダー取引>GWG子会社元会長に実刑判決(毎日新聞)
政治資金規正法改正に意欲=首相(時事通信)
国内削減15%以上を提示=温暖化対策行程表を議論-政府チーム(時事通信)

<名誉棄損提訴>船田前議員夫妻らが新潮社を 週刊誌記事で(毎日新聞)

 自民党前衆院議員の船田元氏(56)と妻で元参院議員の恵氏(47)、船田氏が理事長を務める学校法人「船田教育会」が、昨年12月発売の「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社と同誌編集長に対し約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて宇都宮地裁に提訴していたことが2日分かった。提訴は1月18日付。

 訴状によると、週刊新潮の12月31日・1月7日号に掲載された記事について、船田氏が不倫をし、夫婦仲が悪化しているような印象を与えるとし、事実に反すると主張している。記者会見した船田氏は「有名税だと思い我慢したが、限界を超えた」と述べた。

 週刊新潮編集部は「訴状を読んで対応するが、提訴は意外だ」とコメントした。【吉村周平】

【関連ニュース】
サッカー協会:新潮社を提訴 川淵名誉会長の週刊誌記事で
出版社:記事有料配信、100誌が連携 来年実用化目指す
落合福嗣:父の中日・落合監督に「ガンダム禁止」 アニメトーク番組で秘話 ファミリー劇場
GACKT:実年齢を初公表「来年で37歳」 舞台で「眠狂四郎」に
損賠提訴:日本サッカー協会、「週刊新潮」を

橋下知事、就任2年振り返り「家族運営は失敗だらけ」(産経新聞)
グアム視察「海兵隊移転で」=官房長官(時事通信)
<名古屋ひき逃げ>運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う(毎日新聞)
<うそ>警察に「強盗被害」、妻には「サッカー協会に転職」(毎日新聞)
まゆのひな人形、制作ピーク=長野県須坂市〔地域〕(時事通信)

舛添氏「時期が来たら」新著で首相の座に意欲(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相が、新著「内閣総理大臣 増補版」(角川書店)を10日に出版する。

 最近の各社世論調査で自らが「首相にふさわしい人」の上位に取り上げられていることを踏まえ、「むろん時期が来たら、私自身がリーダーシップを取ることを拒否はしない」として、首相の座に意欲を見せている。

 著書では、鳩山政権の迷走ぶりから、今後、政界再編が起きると“予言”。「新しい自民党として生まれ変わっていれば、再編に乗じて新・自民党に多くの優秀な人材を吸収できる」として、党の「新生」を呼びかけている。

ブロンズ像に94億円! ジャコメッティの作品、史上最高額で落札(産経新聞)
<文科省>創志学園を処分 財源不足のまま大学新設(毎日新聞)
遺族がコメント発表 山本病院の患者死亡(産経新聞)
京大病院患者から高濃度インスリン 殺人未遂などで捜査(産経新聞)
<NZ機トラブル>操縦かん動き鈍く 離陸中止を決断(毎日新聞)

生徒と交際、校内でキス=中学教諭を懲戒免職-横浜市(時事通信)

 横浜市教育委員会は5日、同じ学校の女子生徒と交際し、校内でキスするなどしたとして、市立中学校の20代男性教諭を懲戒免職にしたと発表した。教諭は「教員の立場でありながら、自覚が足りず申し訳ない気持ちです」と反省しているという。
 市教委によると、教諭は昨年、生徒から好意を寄せる手紙を受け取り交際。同年11月から12月の間、校内で3回生徒を抱きしめ、うち1回はキスをしたり体を触ったりしたという。 

【関連ニュース】
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」
鞍手町元職員、公金着服で追送検=「ギャンブルに1日400万」
「裁判所決定無視」と職員=阿久根市給与訴訟で結審
短大生監禁、巡査ら起訴=県警が懲戒免職
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為

<厚労省>明細書付き領収書発行、中医協に提案(毎日新聞)
<施政方針演説>「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり(毎日新聞)
ほぼ全滅の建物 住民はたくましかった ハイチ援助隊、看護師が報告会(産経新聞)
郵政株の政府保有51%以上、国民新・社民党案(産経新聞)
<企業献金>与野党に温度差 規正法改正が焦点に(毎日新聞)

北の不正輸出 中韓迂回ルート構築 幹部が発注を主導(産経新聞)

 核開発や拉致問題に対する制裁として日本政府が北朝鮮に禁輸措置を取って以降、北朝鮮向けに物品が不正輸出され、摘発を受けた事件は、すべて同一人物が発注を主導し、物資獲得のための秘密ルートを構築していたことが2日、警察当局の調べで分かった。不正輸出にはいずれも中国・大連の企業や、韓国のペーパーカンパニーを介在させており、日中韓朝にまたがる大掛かりな裏のネットワークが浮かび上がった。

 警察当局は、摘発した事件の関係者の供述や押収資料などを分析。物品の発注を主導したのは、自称「厳光哲(オムグァンチョル)」だったことを突き止めた。

 「厳」は北朝鮮の秘密警察にあたる「国家安全保衛部」の幹部で、経済産業省がミサイル開発などに関与している疑いがあるとしてリストに掲載している北朝鮮の貿易会社「新興貿易」の社長も兼ねているとされる。複数の国のパスポートを所持していることも警察当局は把握している。

 兵庫県警が昨年12月に摘発した事件では、貿易会社「スルース」に化粧品や食料品などを発注。大連向けと偽り北朝鮮に輸出させていた。京都府舞鶴市の中古自動車販売会社「株式会社盛田忠雄」が、軍事転用可能なタンクローリーを韓国向けと偽って北朝鮮に輸出しようとして昨年5月に摘発された事件でも、発注した朝鮮人民軍系の商社「白虎7」に発注を指示した疑いが強まっている。

 「盛田」社が独高級車メルセデス・ベンツやピアノを不正輸出した別の事件でも、金正日総書記の秘密資金を管理する特務機関「朝鮮労働党財政経理部(39号室)」配下の「ルンラド貿易」に発注を指示。故金日成主席の偉業をたたえる任務を担う「主席宮経理部」に所属する商社「ルンラ888」とスルースとの貿易にも主導的に関与していたことも判明した。

 警察当局の調べでは、「厳」は不正輸出の際、迂回(うかい)先として大連の貿易会社「大連グローバル」を利用。韓国向けと偽る際には、大連グローバルが作った韓国内のペーパーカンパニーが使われていた。大連グローバルは、朝鮮族の中国人が経営し、大連と北朝鮮との貿易関係では独占的な地位を確保しているという。

 日本政府は北朝鮮に対し平成18年10月に贅沢(ぜいたく)品の輸出を禁止。昨年6月からは全面禁輸措置を取っている。

最終弁論で“紙芝居”裁判員は「レベル高くない」(読売新聞)
小沢氏、東京地検の2度目の聴取認める(産経新聞)
福岡県町村会裏金事件、中島前副知事を聴取(読売新聞)
中国に「儲けの方程式」、出資話で2億集金か(読売新聞)
年金納付率80%目標を下方修正=「09年度比上昇を」-機構中期計画(時事通信)

美少女フィギュア万引き、前刑事課長に罰金30万(読売新聞)

 千葉県警木更津署の楠見和彦・前刑事第1課長(警部)(42)(千葉県木更津市潮見)が茨城県神栖市のリサイクルショップで万引きした事件で、土浦区検は28日、楠見前課長を窃盗罪で土浦簡裁に略式起訴した。

 同簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出し、即日納付された。

 発表によると、楠見前課長は1月17日午前11時20分頃、神栖市のリサイクルショップで、プラスチック製の美少女フィギュア1体(税込み価格6552円)を万引きした。

 木更津署によると、楠見前課長は事件後、同署付となっている。

昨年の自殺3万2753人=504人増、過去5番目の多さ-警察庁(時事通信)
テレ朝が業績予想を上方修正 10年3月期、スポット広告が好調(産経新聞)
<脅迫>首相官邸と小沢氏事務所に銃弾?送付(毎日新聞)
車両接近通報装置、課題解決はメーカーに(レスポンス)
【一筆多論】松村雅之 コールドケースを追え(産経新聞)

最終弁論で“紙芝居”裁判員は「レベル高くない」(読売新聞)

 東京都江戸川区のアパートで昨年9月、アルコール依存症の妻(当時52歳)を殺害したとして、殺人罪に問われた韓国籍で無職、洪京吉被告(54)の裁判員裁判の判決が29日、東京地裁であった。

 鈴木秀行裁判長は「妻は約束を破って飲酒しており、ショックを受けたことは理解できるが、立腹のあまり人を殺害することは許されない」と述べ、懲役7年(求刑・懲役12年)を言い渡した。

 判決によると、洪被告は昨年9月22日、同区の自宅アパートで、妻の首をスカーフで絞めて窒息死させた。

 28日の公判で、弁護人は、酒を手放せない妻の様子などのイラストを「紙芝居」のようにめくりながら最終弁論し、検察官から「あくまでイメージだということを説明すべきだ」との指摘を受けていた。

 判決後、裁判員4人と補充裁判員1人が記者会見に応じ、「紙芝居」について50代の男性裁判員は「私は会社勤めなので、プレゼンテーション(説明)としてどうかと言えば、レベルは高くない」と印象を語り、30代の男性裁判員は「分かりやすいが、若干、やり過ぎかなと思った」と述べた。

鳥取不審死 殺人容疑できょうにも再逮捕(産経新聞)
国宝の薬師寺東塔、屋根下の木材など損傷(産経新聞)
平家癒やす灯火 湯西川温泉でかまくらのライトアップ(産経新聞)
大雪 関東甲信に注意報 2日未明にかけ都心でも5センチ(毎日新聞)
昨年の自殺者数は3万2753人 過去5番目 警察庁まとめ (産経新聞)

<編集長インタビュー>激動の経済とともに歩んで10周年 「ダイヤモンド ZAi」 尾川賢志さん(毎日新聞)

 月刊マネー誌「ダイヤモンド ZAi」(ダイヤモンド社)が来月、創刊から10周年を迎える。ITバブルの隆盛と崩壊、金融危機など激動の10年とともに歩んできた同誌。編集長の尾川賢志さんに話を聞いた。【長岡平助】

 「00年の創刊時は、ITバブルの絶頂期に、年金制度改革に端を発した年金不安、ネット証券の登場による個人投資家のぼっ興が重なって、追い風になった」と尾川さんは振り返る。投資に多くの世代から関心が寄せられる中、既存の富裕な中高年層を対象にした雑誌にはなかった「国や企業がどうなっても自分たちは生きていけるように、お金の知識と経験を積みましょう」という一般の人たちの目線に立った編集方針が功を奏し、創刊号は30万部を完売した。

 転機は、いわゆる「ライブドアショック」だったという。ショック後、株式市場が低迷を始めると、それまで好評だった「株で2億円作る」や「海外移住」といった派手な企画より、身の回りを見直し、効率的なお金の使い方をするという現実的なものが、人気を集めるようになった。最近では1月号の「株主優待」特集に注目が集まったという。長引く不況下「優待という『お得感』が受けて、他号に比べ、特に女性の購読が多かったようだ」と尾川さんは話す。

 創刊から10年を目前にした今、変わったことの一つとして「経済情勢や株価と部数が比例しなくなったこと」を尾川さんは挙げる。「いわゆる『リーマンショック』後、株価が下がって7000円台になったときは逆に完売するほど売れた。株価が安いときに、むしろ読者が『これは買いだな』と情報を欲しがっている。賢い読者が増えたのだと思う」と尾川さん。現在の部数は約21万部で、雑誌の休刊が相次ぐ昨今としては、かなりの健闘を見せている。一時のブームは去ったものの、投資は確実に一般の人たちに根付いたようだ。

 最新の3月号では「確定申告」を特集した。源泉徴収票の見方を見開き2ページで詳細に説明し、確定申告の「試し書き」シートを付けた。「自分の税額がどうやって決まっているのか、どうやったら分かるのか、どんな控除を受けられるのか。源泉徴収票が1枚あれば分かる」と尾川さん。分かりにくいお金の仕組みを、一般の読者に分かりやすく読み解き、提示する手法は、創刊時からの伝統になっている。「競合他誌のまねはしない。我々が意識すべきは他誌ではなく常に一般の読者。お金に興味のある人たちが何を知りたいか、今後もそこに焦点を当てていきたい」と尾川さんは意気込んでいる。

【関連ニュース】
著者インタビュー:黒木亮さん 小説「排出権商人」
著者インタビュー:三木谷浩史さん 「成功の法則 92ヶ条」
著者インタビュー:岩淵弘樹さん ノンフィクション「遭難フリーター」
著者インタビュー:平敷安常さん 「キャパになれなかったカメラマン」
株・マネーの情報はこちら

2月を「情報セキュリティー月間」(時事通信)
<市川猿弥さん>「初春花形歌舞伎」を休演(毎日新聞)
<静岡空港>ピンクの妖精飛来 FDA3号機がブラジルから到着(毎日新聞)
生野のひき逃げ 容疑で工員逮捕(産経新聞)
「平和、人権、環境を尊重」=日教組教研集会が終了-山形(時事通信)
プロフィール

Author:アイマラスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。