スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>「宮崎牛どうなる」 感染地域3割超す(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題は10日、新たに宮崎、日向市で感染疑いの家畜が見つかり、感染はいっこうに終息する気配がない。都城市と隣接する鹿児島県をはじめ、他県の関係者も感染拡大への不安を募らせている。

 宮崎県内26市町村のうち、感染農家が出ているのは4市5町(終息したえびの市を除く)。県全体の面積の32%に達した。

 「終息に向かうと思っていたが、吹き飛んだ。宮崎の牛はどうなってしまうのか」。この日、口蹄疫特有の症状を示す家畜が見つかった西都市。厳重な防疫態勢を敷いていただけに、JA西都職員はショックを隠さない。

 西都市は、県が宮崎牛ブランドの復興を託すエース級種牛5頭の避難先。畜舎は今回疑い例が見つかった農場から20キロ以上離れており、感染の可能性は低いとみられる。

 日向市は10日の対策本部会議で、11日未明までに発生農場内での埋却地の掘削を終え、60人態勢で349頭の牛の殺処分と埋却をすることを決めた。黒木健二市長は「断腸の思いだが、早急に手を打ちたい」と述べた。発生農家から3キロの場所に農場を持つ日向市和牛改良組合会長の黒木豊喜さん(56)は「ワクチン接種だけは勘弁してほしい」。

 宮崎市も11日中に殺処分から埋却までの全作業を終える方針。児玉稔・現地対策副本部長は「ついに来たか、という感じだ。職員も動揺している。今は迅速に処分することだけを考えている」と険しい表情を見せた。

 宮崎市の畜産農家で殺処分されたエース級種牛「忠富士」の育ての親、川越忠次さん(52)は「宮崎市は人家が多く、まん延すれば埋却地の確保も難しい。何としても1軒で収まってほしい」と語った。【小原擁、木元六男、阿部周一】

無料でW杯の「日刊電子雑誌」=講談社(時事通信)
「菅さんはつぶやいていません」 菅新首相名のツイッター書き込み頻発で民主党(産経新聞)
1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで(産経新聞)
CR-Z、受注8000台=発売2週間で年間計画の3分の2-ホンダ
【虐待 救え子供の命】子育て支援充実を 根絶へ読者から反響(産経新聞)
スポンサーサイト

南アW杯 巨大漫画でエール 日本代表26日未明出発(毎日新聞)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を前に、日本代表の優勝を描いた巨大漫画が完成。13コマが25日、東京都大田区の城南島海浜公園に並んだ。

 選手の活躍が描かれた布は1枚約350平方メートル。各選手ゆかりの地でファンが色をつけ、メッセージを書き込んだ。主催したアディダスジャパン広報事務局によると、25日、世界最大の漫画としてギネスブックに認定されたという。

 優勝メンバー23人が並ぶ最後のコマは、24日に日韓戦が行われた埼玉スタジアムで完成した。完敗で本大会への不安を残したが、広報事務局担当者は「革命を起こしてほしい」とエールを送った。

 日本代表は26日未明、事前合宿地スイスに出発する。漫画は機上の選手から見えるようライトアップされる。【喜浦遊】

【関連ニュース】
南アW杯:日本は1次突破する…43%が予想 ネット調査
南アW杯:ニッポン七転び八起き!?…青色の応援ダルマ
南アW杯:「デンマークとオランダ選手が標的」テロ容疑者
イラク:南アW杯テロ計画容疑でアルカイダ系メンバー逮捕
サッカー:岡田監督が進退伺 韓国に日本零封負けで

<山陽新幹線>作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で(毎日新聞)
<雑記帳>眺め好評で非常階段を一般開放 神戸ポートタワー(毎日新聞)
あなたは和菓子と洋菓子、どちらが好きですか(Business Media 誠)
日米文書「辺野古」明記、対処方針には盛らず(読売新聞)
説明にまごつく証人 苛立つ裁判長「もう一度」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
プロフィール

アイマラスキー

Author:アイマラスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。