スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳

この項目では、倫理学の一分野について記述しています。名古屋鉄道の駅については「道徳駅」を、現在の学校教育の領域については「道徳教育」をご覧ください。道徳(どうとく)は、道徳的規範や道徳性などのこと。倫理はいくつかの意味をもち、道徳を表すことが多い。モラルとも称される。目次1概要1.1倫理学者の研究1.2社会科学者の研究1.3道徳心理学者の研究2普遍性と多様性2.1道徳の変化3道徳判断3.1道徳と罰4道徳と宗教5道徳と政治6道徳性の議論6.1道徳哲学6.2道徳心理学6.3社会生物学と霊長類学6.4神経科学6.5道徳の認知科学6.5.1道徳的ジレンマ7各国の道徳的規範7.1日本の道徳的規範8参考文献9脚注10関連項目11関連人物12外部リンク[編集]概要道徳は、次のような意味をもつ。道徳的規範は、成文化された規則である法律と一致しない場合もある。道徳的規範は非常に幅が広く、文化の多様性と同じだけの驚くべき多様性がある。様々な種類の規範は、マナー、エチケット、タブーとも関連する。儀礼や式典として、形式化されていることもある。それでも、様々な社会の間に共通した特性を発見することができる。例えば、互恵関係、忠誠、権威の尊重、身体的な危害の制限、性的関係や食べ物の規制などである。この類似性が何に起因するのかは、議論の的であった。聖職者のような伝統的なモラリストは、道徳一般の擁護者を自認するが、実際には貞節や禁欲のような特定の規範を擁護しているだけである[1]。[編集]倫理学者の研究古代から、哲学者は道徳や倫理の論理的基盤について分析し、考察を行ってきた。このような哲学の分野を、倫理学という。特に19世紀以降の倫理学者は、特定の文化や宗教教義に基づかない普遍性のある道徳の規準を捜してきた。[編集]社会科学者の研究社会科学者は、伝統的に二つの異なるアプローチを用いた。経験主義では、道徳的な知識、理解、行動は、幼少時の経験と学習に由来すると考えた。生まれつき人が備えているのは学習装置だけで、それ以外には何もない。全ての文化の子供は、同じような問題に直面するので、道徳の類似性が生まれる。生得主義では、対照的に、類似性は進化の過程で人の心に刻みつけられたと考えた。それは、発達の過程で速やかな道徳の学習を可能にする。[編集]道徳心理学者の研究心理学者は、人が現実の世界でどのように道徳的規範を理解し判断するのかを解明しようとしてきた。この心理学の分野は、道徳心理学と呼ばれる。現在の一般的な道徳心理学者の合意は、個人の道徳性は生得性と経験の双方によって形づくられるということである[2]。道徳心理学者は、倫理学者は特定の判断をどのように正当化できるかを議論しているのだと指摘した。ジョン・ロールズや現金化口コミ・シンガーは、人の道徳判断に生得性に基づく偏りがあることを認めた上で、それでも社会規範としての道徳は合理性と論理に依拠しなければならないと提唱した。[編集]普遍性と多様性道徳的規範には、どの文化にも共通の部分と、習慣や慣習的規範のように文化によって大きく異なる部分とがある。通常、共同体の構成員に対する危害:殺人、盗み、騙し、強姦などは、どの文化でも不道徳視されている。一方で、例えばインドのバラモンの間では、息子が叔父の死後10日以内に肉を食べるか髪を切ることは不道徳とみなされるが、これは他の国ではそうではない。アメリカでは子供と同じベッドで寝ることは幼児虐待とみなされることがあるが、アジア諸国ではそうではない。道徳判断に用いられる特性(権利、義務、世話、神聖さなど)の強さも社会によって異なる。多く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アイマラスキー

Author:アイマラスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。