スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汎用京速計算機

このページは荒らしや編集合戦などのため、方針に基づき2010年1月11日(月)22:41(UTC)まで編集保護されています。現在の記述内容が正しいとは限りません。ノートで合意が形成されるなど、保護を解除できる状態になった場合、保護の解除を依頼してください。この項目は現在進行中の事象を扱っています。事象の進行状況により内容や状態が急速に変わることがありますのでご注意ください。投稿者は性急な編集をしないや検証可能性を確認し、正確な記述を心がけてください。ウィキニュースへの投稿も検討してみてください。次世代スーパーコンピュータの1ラック汎用京速計算機(はんようけいそくけいさんき)とは、文部科学省が推進する「次世代スーパーコンピュータ」で開発中のスーパーコンピュータシステムの名称である。開発主体は理化学研究所次世代高速コンピュータ開発本部で、約1154億円の国費を投じ、2012年の運用開始時に理論演算性能10ペタフロップス(演算速度は毎秒1京回)の達成を予定している。目次1概要2費用3歴史4議論4.1初期の議論4.2事業仕分けでの議論4.3事業仕分け後の議論5詳細5.1ソフトウエア系5.2ハードウエア系5.3全体スケジュール6同時期に登場するライバルのスパコン7参考資料 8脚注9関連項目10外部リンク概要「次世代スーパーコンピュータ」プロジェクトは、2005年に文部科学省と理化学研究所で開始され、2006年に国家プロジェクトとなった。プロジェクトの目的は、過去に世界最高性能を記録した数値風洞、携帯アフィリエイト-PACS、地球シミュレータに続くNLS(ナショナルリーダーシップスーパーコンピュータ)の構築、およびプロジェクトを通じた計算科学・計算機科学分野の人材育成とされた。また性能目標にLINPACKでの10ペタフロップス達成を掲げ、実質的には「TOP500ランキングの1位」、すなわち「世界最速のスーパーコンピュータの奪回」を目指すものであった。特徴は、特定分野に特化した専用機ではなく、幅広い用途に応用できる汎用とした事、ベクトル型とスカラー型の複合機とした事であった。しかし2009年5月のNECの撤退により、スカラー型単独機種に設計変更された。2009年11月の事業仕分けで、事実上の凍結の判定とされた事を機会に、各種の議論が行われた。費用構築費は2009年度(平成21年度)時点で約1254億円(1154億円の国費と100億円の民間資金持出額)を見込んでいる[1]。また運用費は年額80億円(電力代22~29億円、計算機等保守費23~32億円、運営費12.6億円、その他保守費14~17億円)を見込んでいる[2]。時期・用途・構成などは異なるが、他の主なスーパーコンピュータとの単純比較では、汎用京速計算機の構築費はRoadrunnerの約10倍、BlueGene/Lの約14倍、地球シミュレータの約2倍である。システム名構築費(億円)運用費(億円/年)性能(LINPACKTFLOPS)備考汎用京速計算機(予定)12548010,0002012年稼働予定Roadrunner118-13752008/6~2009/11TOP5001位BlueGene/L90-5962004/11~2008/6TOP5001位地球シミュレータ(当初)6005035.862002/6~2004/6TOP5001位TSUBAME(2006年時点)20[3]338.182006/6TOP5007位なお、米国のスーパーコンピュータ関連の国家予算は2008年度時点で年間約1500億円である[4]。また現金化口コミの主要大学・公的研究機関の同予算は、事前評価が行われた2005年度時点で約260億円である[5]。歴史2005年10月、文部科学省のイニシアティブにより、開発主体である理化学研究所を中心にプロジェクトを開始した。概念設計段階では、それぞれの専門分野から技術を持ち寄り、要素技術の開発を行った。ソフトウエア(OS、
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アイマラスキー

Author:アイマラスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。